ワントーン明るいお肌へ

透き通るような肌になりたい!

アンチエイジング

乾燥皺や弛みを回避するにはただしい洗顔が大事です

日頃から、エイジングケアをきちんとおこなうことで、小ジワやたるみのない皮ふを保つことが出来ます。緩みや、皺の目立ちにくい肌を目指すには、美肌に良いとされるものを積極的にメニューに盛り込んだり、お肌のマッサージを続けることが肝心です。

四季によってUVの強さは変わるのですが、一年をを問わずに継続的に近紫外線対策をすることが年齢肌に効果的だと言われています。UVで皮膚を焼くことは、数年前迄は焼き過ぎない範囲なら身体に良いと言われてきましたが、ここ最近では強烈な紫外線をあびることは皮膚を損ねてシミやしわの原因になるものとされています。

強い紫外線に晒された皮ふは細胞が傷ついて、膚を傷つけ、しみやシワといった肌老化を招くので、避けた方が良いと言われています。皮膚にUVを受けると、それによって色素沈着が起きたり、乾燥によって皮膚の水分が著しく失われます。

フェイスケアによって、お肌から無くなっていく潤いをお肌にたっぷり補給することで、紫外線からの影響を抑える事が可能になります。メイク落とし洗顔料を利用して洗顔する時には、マスカラなどの濃いメイクがするりと浮いて洗い流せるように、膚に優しくクレンジングフォームの泡を乗せていきます。

化粧を落とした後の洗顔も同様に、ホイップ状にした泡を頬にそっと乗せ、強く擦ることのないように、泡をすべらせる感じで顏を撫でながら洗い流していきます。温めのお湯で肌を滌ぐ事も、洗顔する時には非常に大事な点になります。熱めのお湯で顏を洗うと、皮膚のバリア機能を果たしている油分まで洗い流すことになってしまうので気を付けなければなりません。

メイク落としと泡洗顔が終わり済んだ直後、お肌がある程度濡れた状態のうちに化粧水をたっぷり目に使って膚になじむようにコットンなどで浸透させ、保湿乳液でふたをします。

強い紫外線の影響で乾燥しやすいお膚でも、入念な洗顔と乾燥肌対策をすることで、膚に欠かすことが出来ない水分を補っていくことが可能になります。

-アンチエイジング