ワントーン明るいお肌へ

透き通るような肌になりたい!

アンチエイジング

乾燥小皺や弛みが出来る原因と解消方法にはどういったやり方があるか

齢を重ねてもうるおいのあるSkinでありたいと言うひとは、雀卵斑や弛みを減らすためのメンテナンスが不可欠です。

洗面所で鏡を見ると皺やタルミができていることにハッとすることがあります。若かりし頃の顏立ちと較べてみると、雀卵斑や緩みが増えた分だけ、年をとって見えるようになったと悩んでいる方もいます。

人前に出る時、目もとや顏はまず初めに相手に見られるところですが、瞼が垂れ下がり、眼元がくぼんでいると、実年齢よりかなり老けて見られます。年齢を重ねた顔に見られてしまう特長として、顏の線がたるみの影響で丸みを帯びて見えることが挙げられます。

実際の年齢より老けたように見られやすくなる理由の一つに、眼元や口許に表情ジワができることにより、たるみが増える事にあります。太陽光を浴びたり、食事の好みが偏っている場合、皮ふの弾力が減少してしまうケースがある訳です。

近紫外線に膚が晒されたとき、皮膚は損傷を受け、ヒアルロン酸(hyaluronic acid)や体内の水分を角質層の中にとじ込めておけなくなり、乾燥してしまうことによってハリが無くなります。

頭からフェースへと繋がる皮ふの血液の流れを廻り易くするために、表情筋のマッサージなどを習慣づけ、血のめぐりを良好にし、皮膚の状態を改善するという対策もあります。

目元、口許、前頭骨、眉間等、一人一人の顏の中でも皴が出来易い場所はいくつかあります。体の成立ちや、日常生活、表情の癖などからも、豊齢線に皺ができたり、ちりめんジワになる場合もあります。

お膚に出来てしまった皴や緩みを改善していくには、心理的ストレスを溜めすぎない事や、バランスのとれた食事を心掛けていくこと、洗顔やエイジングケアをしっかりおこなうことが重要です。

-アンチエイジング