ワントーン明るいお肌へ

透き通るような肌になりたい!

アンチエイジング

シワや緩みは年齢を重ねたことだけがきっかけではありません

肌の乾燥ジワやたるみに警戒はしていても、まだ遠い話だし、歳を取ってから何かすればいいと先行きを楽観視しているという方々もたくさんいます。若いときから毎日の乾燥肌対策をキチンとしていくことによって、本格的なソバカスやタルミ防止になります。

年齢のほかにも、皮ふを衰えさせる原因は思いのほかたくさんあります。ストレスフルな生活や、強い陽の光の影響、肌のカサつき、間違った美顔術等です。歳を取る事は止められませんが、日々のスキンケアと心がけ一つで小じわやたるみの無い若若しい肌を作ることは誰にでも可能なのです。

一度出来たシワやたるみは、どういう要因で出来たものなのかを知っていく事で、お手入れの内容が変わります。

目元や、口許に作られる小じわや、顔立ちの変化によって皮膚にくせがついた表情ジワ、皮膚の保水力が失われてしまい重力に引かれ出来た緩みなどもあります。

細かい皺が出来る所は、皮膚の乾燥対策が大事です。真皮皺に於いては、目立ち易いところに特に注意をするといいでしょう。保湿効果があるヒアルロナン(hyaluronan)や、お肌の張りをキープするコラーゲン(Collagen)などは、年齢とともに少なくなっていきますが、疲労やUVの影響も受ける合成物です。

頤筋の動きが皮ふの弛みに関わるとき、表情筋トレーニングが対処法として用いられます。しかし、角層の衰えは回復が難しいとされ、二〇代の内は潤沢にあった保湿力、ハリが失われてしまいやがて引力に引っぱられて皮膚が下がってしまうのです。

バランスの悪い食事を続けていたり、強い紫外線を外作業などで浴びることがよくある方は、皮膚のバリア機能が無くなってたるみやすくなるので注意しなければなりません。

出掛ける際には、四季を問わずに日焼け予防をして、必要以上にストレスをため込まない日常生活を心がける事が小皺やたるみ回避に繋がっていくことができます。

-アンチエイジング